成年後見制度

成年後見制度には「任意後見制度」「法定後見制度」の2種類があります。


任意後見制度は、自分が元気なうちに将来の不安に備える制度といえます。
法定後見制度は、すでに判断能力が不十分な方の権利や財産を守る制度です。

 

下図のように、ご本人の判断力低下の程度に応じて、「後見」「保佐」「補助」のいずれかが適用されます。家庭裁判所に手続きを申請後、それぞれに対応して「後見人」「保佐人」「補助人」が選任されます。

後見制度の利用ステップ